fc2ブログ

豊かな終わりかた

GHbbImObkAA8Qjy.jpeg
火ゲキ200終焉


昨日、多くの方にご来場いただきまして、
火曜日のゲキジョウ pair.200 WS公演は、
満席にて終演となりました!

ご来場くださった皆さま、
関係者さまに無上の感謝を
ありがとうございました!


LINE_ALBUM_20240223_240228.jpg
WSメンバー

昨年12月にWS公演への募集に応募
年末のオーディションを経て、
参加メンバーでの1月にWS稽古を数回
その後、上田チーム、勝山チームに分かれての3週間ほどの稽古
そんな形で公演までの期間を過ごしておりました

僕はといえば、
そもそもの応募動機が
・出会ったことのない人に逢いたい
・勝山さん演出を体験したい
このふたつでした

3月に行われる彗星マジックWS公演も、実は同時期に募集をされておりましたが、
そちらの公演はタイミング的に出演が難しいため、
上記の理由を堂々と書いた上で火ゲキ200に応募

結果としては、とても意欲ある素敵な方々に出会えたので
それはそれは良い選択をしたのではないかなと思っています


LINE_ALBUM_240204.jpg
卑怯な友達

そんな中、勝山チーム『卑怯な友達』といえば、
チームごとに分かれての稽古期間に入って数回、
全員でパーソナルなお話をしながら物語を形成する(別名:聞き取り調査)というところからスタート

そういえばこの作り方は久しぶりだな、などと思いながら、
このタイミングで共演者間の距離とかそれぞれの考え方が探れたのがよかったですね

芝居づくりにおいて必ずしも仲良くある必要はないけれど、
結果的にこの時間があったからこそ、
良い距離感で役者にも役にも当たれた気がします

そう、役にも、です

今回の役は、それぞれが何者だったかというのは、
後述する理由から語りはしませんが、
役名は各役者の名前からもじってたり、
役のパーソナルな部分は各役者の考え方から切り取っていたりします

故に、役者と役との距離感が近くて遠いという絶妙な感じ

近いのは上に書いた理由から
そして遠いのは、彼ら彼女らが犯したことで歩いている理由から

その理由については、敢えてここでは書きません

それもまた作品づくり最初の段階、
聞き取り調査にて話していたんですが、
見る人によって自由に考えて、豊かな終わりかたをしてほしいから、でした

そのため、作中では
この人たちが何をしたからここを歩いているのか、
一体何者なのか、
話している内容になぜ決定的な対象となる単語がないのか、
そもそも友達とはなんのことなのか
この辺りが欠落しています

だってね、それを言うとね、誰かが踏むから、なんですね

はい
と言うわけで、今回の振り返りはここまで

最後になりましたが、
浜崎はもちろん、それ以外の方の扱いからも予約してくださった皆さま、
ありがとうございました!

今回は予約してくださった方が把握できていない関係で、
こちらにて改めて御礼に変えさせていただきます
おそらく個人的は20名くらいご予約いただいていると念を感じております
またお逢いできれば幸いです

そう、また

前秋出演の回顧録で書きましたが、
ちょっと小劇場もう満足かもって思っていた気持ちが、少しだけ空腹になりました
実は、これも応募動機の一つだったりしましたが、
まんまと良いメンバーの皆さまに囲まれて、
ちょっとだけ火が灯りましたね
感謝


そんなわけで、次回は4月7日(日)
『マンガタリLIVE 第28号〜史〜』
にて、お待ちしております

声のプロの囲まれて、戦々恐々としている浜崎が拝めます(笑)


最新情報はこちら
スポンサーサイト



ありがとう2023

GCmk6Sea0AALsjd.jpeg
ほんとあっというま


大晦日も半日が過ぎ、2023年も残りわずか
最近は少し飛び飛びではあるこのBlogですが、
年末の振り返りくらいはしっかりしておこうかと思い、
少しずつですが今年の振り返りをしていきます♪

ちなみに最後には来年の公演のお知らせも入れておきます◎


1月

LINE_ALBUM_230116_22.jpg
MEHEM『マグチョコ』@30GP

随分と前な気がするんですが今年の頭
そう前な気がするのは、上演が2021年だからですね

30分芝居のグランドプリックス
決勝まで行って3回上演できました
それだけで満足とそれ以上の悔しさがありましたね
だからこそ来年に繋がるわけですが、
それはまた別のお話


1月は、京都のマダミス界隈の方との新しい繋がりも模索し始めた時期
ゆるゆるながら来年もじっくり進めていきます


2月、3月

LINE_ALBUM_230311.jpg
cache-cache引越し

舞台稽古やNPO業務の年度末処理に追われる中、
本当に追われてたカシュカシュの新店舗移転

旧店舗からの移転発表が2022年末
そこから新店舗候補を探し、結果は大阪梅田で少し移動
ただ完全にcache-cache主導での経営に変わったことだったり、
入谷さんが店長を買って出るなど、
これはもう頑張らないとなと思いつつ、
内装なども全て自分たちで作っていた3月後半
本当に大変だったけど、今の礎はここで成り立ってます

それと同時に、
僕自身はフリーランスなので自身がいつ野たれ死のうが自分の勝手なんですが、
cache-cacheというチームでの新体制となったことで、
マダミス制作やGMもより一層がんが¥ばらないとなぁと思った春先なのでした


net1.jpg


2月は『リフレインシャッフル3〜永遠に眠る純黒の灯火〜』のリリースも!
シリーズ含めてまだまだ走り続けていく作品ですので、
どうぞ今後もご贔屓に★


4月

LINE_ALBUM_230420_66.jpg
文机と熊『龍臥江淮』『魚之有水』公演


ふづくま式三国志、二作目
前作に続いて曹操孟徳を演じさせてもらいました

良い座組でしたね
それだけに千秋楽のことは残念でしたが、だからこそ乗り越えられたのも事実
そして本来は二作目で終わりだったこの物語も、
次作以降の制作が決定しています

次の物語は赤壁
来年、楽しみだなぁ

そしてここでの出会いのおかげで
今年一年が楽しかった部分もあるんじゃないかと
みんな、ありがとう!


5月

FvcK9nUaIAMpFhy.jpeg
なぞねこ遠征

マダミスで遠征したり、
ワークショップで遠征したり、
その傍で生誕祭やったり
何かとバタバタしてましたね


6月

LINE_ALBUM_230619_136.jpg
RTC project『幸多かれと願ふ者』


RTCの公演、ようやっとノーウィッグで出演でしたね(笑)
ここから何かしらご一緒している人たちもいて、良い思い出

そんなわけで、今年は前半がずっと稽古期間でしたね
後半は舞台少なめでしたが、今考えたらそれで良かったかと
まぁそれはまた後ほど書くとしましょう


7月

S__60457473.jpg
project UZU『はじまりの冒険』


2022年末の東京公演の再演、というよりは刷新
こちらも楽しかったですね

芝居ではあるけど、もう少しアクティブに色々と変えていくイマーシブRPG
僕は即興畑でもあるので、お客さんと絡みながら物語を作っていく
何より大阪という場所で、マダミス周りの方が来てくださったことも嬉しかったですね◎
錬金術師イツミ、たぶんラストでした


8月、9月、10月

F5lustWbAAAmUZm.jpeg
『DOTs×LINEs episode信頼』1周年


2022年9月にリリースした『DOTs×LINEs』が1周年ということで
追悼会という名の記念会を開催
たくさんの方に物語を思い返して頂きましたね

そして今年は、
『DOTs×LINEs episode決断』のパッケージもリリースされました

この二作品で一つのDOTs×LINEsという世界観を提示したのですが、
好評でしたのでね
来年以降ままた何かあるかもですね

兎にも角にも、この年もたくさんGMさせて頂き、
今の時点ではリフレインシャッフルに並ぶ代表作とも言える作品となりました


そのほか、晩夏から秋にかけては、
子どもとアーティストの出会いプログラムディレクションの仕事が多数

コロナ以前のような
もしくはそれ以上の忙しさが戻ってきた感じでしたね
マダミスGMも含めて、
とても忙しく過ごさせてもらった秋でした

来年もご縁が続いていきますように


11月

LINE_ALBUM_231107_22.jpg
にちようび企画『なにもかもあめのせい』


今年後半の芝居を集約、
もしくはこれまでの小劇場経験を集約させたような作品でしたね

これ以上、ってどうなんだろう
もういい歳なので、小劇場的にはある意味で満足してしまった作品となりました

だからこそ、来年は小劇場出演はしばらく休もうかなと思っていたのですが...

そんなわけで12月基本お仕事しかしてなかったので飛ばしまして
来年の出演のお話です!


次回出演は、最新情報に記載の通り2月
そのほか9月、11月と出演予定が決まっています

上述の通りで来年はどうしようかと思っていたのですが、
新しい視点が欲しいこと
まだ出会ったことのない人との出会いがやはり楽しいこと
そして必要としてくれる方には全力で応えたいこと
これらから来年ももう少し楽しんでみることにしました

僕の寿命ももう少しでしょうしね
できることはできるうちにやっていきましょう精神ですね

閑話休題

2月の出演は詳細はまだ先ですが、2月27日です
この日のみの上演なので、予定を空けておいていただければ嬉しいばかりです

あとは9月の出演までに
ちょっとこれまでと違ったこともやりたいなぁなどと思ってます

あとは新作マダミス作ったり、
cache-cacheも新しいフェイズにドライブしたいなぁ


...とまぁ、
結局長々と書いてしまいましたね

今年もたくさんの方が一緒に歩いてくださいました
改めまして無上の感謝を、変わらず

そして来年もどうぞよろしくお願いいたします!

では良いお年を★

オーバー・ザ・レイン

LINE_ALBUM_231107_19.jpeg

雨あがり


にちようび企画『なにもかもあめのせい』、
先週の6公演でもって無事に終演となりました

ご来場くださった皆さま、
関係者さま方に無上の感謝を
ありがとうございました!!


LINE_ALBUM_231107_9.jpg
4人の恋人たち


あー!
なんか久しぶりに終わってほしくねぇなぁ、って思いましたね

いや、稽古はめっちゃキツい、
というか
感情の振り幅が大きすぎるので、
まぁやりたくねぇなって気持ちと、

それでも、
なんかもうどのシーンから始めても
絶対誰かが常に泣いてるやんって
最終的にはよくわからん境地にまで達してたような爽快感があって

その狭間で揺れ揺れしながら、
とても楽しかった◎

そうそう、
この男たちがその後どうなったかは
ちょっとだけ『おうじさまのぎゃくしゅう』にて描かれていたりしますね


LINE_ALBUM_231107_20.jpg
そして誰もいなくなった待合


そんな『おうじさまのぎゃくしゅう』は、
第2回公演『あたりまえのとんぼ』の販売戯曲に含まれていた小説でして、
メロヤナギアガペイちゃんのお話

そんな『あたりまえのとんぼ』にも出てくるセリフ
「人間ね、やろうと思えば大抵のことはできるんだよ?」
にカナコがリンクしたりして、
僕はネジノセじゃない過去の面接官としてもヤラレテいたりして。。。


LINE_ALBUM_231107_84.jpg
外側と内側からメンタル殺しにかかってくる人たち


そんなことももう1年前に台本もらった時点で喰らってはいたんですが、

実際に稽古が煮詰まってくるほどに、
ゆうなちゃんのカナコとの回想では、これは回想でしかないという気持ちで殺され、
ゆーみんさん看護師には、ただただ突きつけられる現実で殺され、
一体何回死んだんだってネジさんでした


LINE_ALBUM_231107_93.jpg
にちようびオリジナルメンバー

LINE_ALBUM_231107_89.jpg
そして、ウズヤマよりウズヤマな田代くん


そんなわけで男たちもある種、
生死の狭間を彷徨っていたような稽古だったわけで

そんなところを掻い潜り、生きることができたのは、
やっぱこの男たちだったからだなぁと思うわけです
ほんと良いメンバーで配役でしたね


にちようびの稽古はゆるいです

それは、台本が辛すぎるから

なんとかして心のバランスを取ろうとしているからで

稽古のシーン回し中はシビアに辛い部分を掘り下げていく
その反面、休憩中はどうでもいい、楽しい話に溢れている

そのギャップが、物語を支えていると思っている
それを為すに、良いチームだったなぁと


これは余談だけど、
今回も(毎回だけど)、主宰ショウさんから、いい役者さんいませんか?と
少し役者のオファーをお願いされている部分がありまして、
それが今回は田代くんだったわけで
ウズヤマという役をやるのは彼だろうと、
そんな確信をもってお願いしたら
快く引き受けてくれて嬉しかったばかり

どうでしょう?
僕は知る限り過去イチの田代くん芝居見られたと思ってます
ウズヤマよりウズヤマだったね

観た方にもそう思ってもらえていれば嬉しいばかり


8E5A50EA-E98C-46F2-B799-1861E188FAD1.jpg
実体がなくてもちゃんと


そんなわけで、あと語りもこれくらいにしましょう


そうそう、
観てくださった方は分かったと思うのですが、
今後の出演予定は無し、です

もともとは年明けにいくつか予定があったんですが、
どれも流れちゃったこともあり、
フリーで芝居を始めてから15年ちょい、
次回出演予定がないのは初めてになりました

なんかちょうど良いなぁと思っちゃいまして、ね

今回の公演で色々と満足した部分が多くって、
もちろんそれは芝居やめるってことではないんですが、
少なくとも小劇場界隈はちょっと少なくなっていくような気がしています

あくまで自分の中の色々な面で
当然今回の公演だけに限らず積み重ねた過去の公演全てで、
各種目標としていたパラメータがほぼマックスに到達したような感があって

ついでに、
年齢的にもこれが30代最後の芝居になるんじゃないかって
そうか、ならタイミングもちょうどいいような気もするなぁ
などと思ったり

まぁ、言うてるだけでまたやるかもしれないですけど
小劇場以外の芝居は普通にお仕事なんで続けてくんですけど

まとまらないけどまとめると、
タイミングと満足度の天秤がバッチリはまった
そんな素晴らしい公演になってしまった
という感じでしょうか


そんなわけで、またお目見えする機会がありましたら、
その時はどうぞご贔屓に◎

LINE_ALBUM_231107_22.jpg

改めてご来場感謝


みなさま、ありがとうございました!!


最新情報はこちら

はじまりの終わりの終わり

LINE_ALBUM_230729.jpg
しばらく経ちましたが


イマーシブRPG『はじまりの冒険』、
再演となる大阪公演が終幕となりました

ご参加くださった皆さま、
関係者の皆さまに無上の感謝を
ありがとうございました!

色々とあった気もしますが、
そこそこの日が経ったのであんまり覚えてませんね(笑)

とはいえ、いつも通りお客様に投げたものが
少しでも届いていたならこれ幸い


S__60457473.jpg
スライムを探せ


昨年末は東京lでの初演でした

今回は大阪にて3公演
全ステージ(ステージ?)ほぼ満席でして

これの何が嬉しいって、
cache-cacheとして1年半以上やってきて
そのお客様が多くきてくださったこと、なんですよね

そんななか
浜崎さんと声をかけられても答え難いもどかしさ(笑)

そうそう、今回も錬金術師イツミでした
久々に大阪の弟子と同じ場所にいたので、
それはそれで面白かったり、
どんな関係値やったか忘れてたり、
そもそもパーマでもじゃもじゃやったので誰かわからんかったり


とはいえ、
これで『はじまりの冒険』もラストと謳っているので、
イツミもラストなんだろうなぁと
漠然と思ったりなんかしていますね

楽しさと寂しさの同居もありつつ、
長きにわたりありがとうございました

一旦区切りで書いておこうと
公演終わりの記事を書いていなかったことを思い出し
久々に記事を書くなどしてみました


さて、年内の小劇場での出演は
夏真っ盛りにして、あと1公演のみ!

11月3日(金)~5日(日)は、
大阪・日本橋の in→dependent theatre 1st にて
にちようび企画 第4回公演
『なにもかもあめのせい 改訂版』
でお逢いしましょう!

すでに台本は上がっているので、
楽しみしかない!

チケット発売はまだ先ですが、
どうぞご予定くださいませ★


最新情報はこちら

ソフィア

LINE_ALBUM_230619_136.jpg
幸かれ、終演


昨週末を持ちまして、
RTC project『幸多かれと願ふ者』閉幕となりました

観劇くださった皆さま、
そして関わってくださった全ての方に無上の感謝を
ありがとうございました!


LINE_ALBUM_230619_5.jpg
キャスト集合その2


聞きおよぶ限り、若手公演ということで出演を受けさせてもらった身としては、
その若手陣に何かしら持っていってもらえる部分があったなら嬉しいばかり

それぞれに得手不得手は当然あるものの、
あまりあるパワーを秘めている子は多いので、
また共演したいなぁと思うこともチラホラ
...まぁ、僕があとどんだけ役者を続けられるかは変わりませんが(苦笑)

ひとまず若手だと判断した人は全員分析したので、
どうすれば伸びるかはちょこちょこ伝えたつもり
もし、また次の機会があればさらなるものは伝えられるかもしれないなぁ


IMG_20230619_154638.jpg
何もない舞台は良い


さて、物語の内容については、
もはやいつも通りで観てくださったものが全てかと思います

僕らの手を離れたものは、
何をどう後から付け加えるものは、無い

楽しんでいただけたなら嬉しいばかりです


LINE_ALBUM_230619_120.jpg

LINE_ALBUM_230619_66.jpg
一応、役のことも


妖チームのアーリーサマーレインこと五月雨でした
冷たい5月の雨

今回は、良い意味ではフラットに演じることができたのではないかと思いますね
セリフは一回読んだらほぼ入るくらいだったので、
自分のこれまでの引き出しにあった感

妖の里のパイプ役であることなんかも、
あーなんか中間管理職っぽいし、まさに今の状態では?(笑)
っていう

その分、
お客様とのライブ感に天秤を振ったり、
周りの若手陣のサポートができていたらなら、これ幸い


LINE_ALBUM_230619_38.jpg

そういえば今西さんとは『イニクイティワールド』以来の戦闘でした
ほんとあんな巨魁よく振り回すなぁと思いつつ、
かたや重いデカイ長い
かたや軽い二本短い
という間合い取るの難しい三竦み殺陣は楽しかったです◎

殺陣つけの翌稽古にはもう音合わせに臨んでいたので、
やはりけーちゃんと戦うのは楽しいです


LINE_ALBUM_230619_95.jpg
今回の相方


ちゃんなみ紫苑

楽屋で隣の席だったので大喜利してたのは置いておいて、
イニワーの時の浜崎ドラフト1位とついにガッツリ絡むかぁ
などと思いながら、
もはやRTCには欠かせない人になってましたね

今回は、劇場に入ってからふた伸びくらいしたと思う
日に日に良くなったので、
この臨場感を忘れずに稽古場に臨んでほしいですね
役者としても欠かせない存在になれればいいんじゃないかなぁ

同様に、団員さんじゃ無いけど、
ずっとふづくま三国志で許緒やってくれてる邨田くんも
今回はよく伸びた二強じゃないかなぁ
同じく次の舞台が楽しみですね


IMG_20230617_155651のコピー
唯一撮ったツーショット


そんなわけで、振り返りはここまで

細かいネタなんかはツイッターにも書いてたりしますのでこちらでは割愛のご愛嬌


さて、次の出演は来月!

7月14〜15日はProject UZU『はじまりの冒険』にてお逢いしましょう

昨年末に東京で初演を行なった作品の大阪公演になります
どうやら残すはほぼ金曜のみ参加可能な様子


そして、11月は待ってましたの
にちようび企画『なにもかもあめのせい』です

こちらは僕が『あたりまえのとんぼ』に出演した時、
そのオファーをもらった時に一緒に読ませてもらった
にちようび企画の最初の作品
とんぼの台本もそうだけど、そちらにもいたく感動して、
出演を快諾したということがありました
そんな作品の改訂版
楽しみでしょうがない!
11月3〜5日はぜひとも今からお時間を作っていただければ多幸です


というわけで、次に進む
今年もまもなく後半戦!
がんばろう!!


今後の出演情報はこちら


LINE_ALBUM_230619_102.jpg
最新記事
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
プロフィール

さとし

Author:さとし
京都の役者、浜崎聡のブログ

【プロフィール】
俳優
アートコミュニケーター

5月8日生まれ
京都在住
夕焼け、紅茶、ラーメン、アナログゲームが好き

演劇を使ったコミュニケーション能力向上ワークショップに従事
教育、学習に関心あり
最近は声の仕事や司会業にも興味あり
フィンランドに行きたいです

▷プロフィール詳細

ご連絡、ご依頼はメールフォームよりどうぞ↓

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
Twitter
FaceBook