FC2ブログ

ミニマル

20181221123004101.jpg

雑記をば


演劇に限らず、
アートのミニマム化は進んでいると思っていて
各分野の人がそのように動き始めている

一例としては
移動して、運んで、その場で組み立てて、すぐ出来て、撤収も一瞬
そんな感じ

この流れってなんの不思議もなくって
専門家ではなくても、
だれでもできるようになる、
というもの

例えば、
映画がビデオになって家で見られるようになったし、
音楽は楽器の演奏もめっちゃ上手い歌唱力も問われることなくカラオケで歌えるようになった

最近ではもっと進んでて、
映像も自分で撮って編集してネットを介してたくさんの人に見てもらえるし、
音楽も打ち込みだけで作れたりするしボカロが歌ってる

そういう流れがアート全体にもきているといこと

もちろん好き嫌いは別として、
演劇でも多かれ少なかれ、きっとそういう流れになると思っていたりする

"劇場で演劇をする"のではなく、
"演劇をする場所が劇場"になるのもまぁまぁ近いのかなぁと

だからミニマムなものをつくるのもありなのではないかと

会いに行けるアイドルがいるように、
演じに行く劇場があってもいいのではないかしら
スポンサーサイト

2年半

20181130213605583.jpg
5巻から


ドリフターズ最新刊
前巻から2年半ですが、待ってよかった
泣けますね
そして、また続きが気になる
...また2年半かしら(笑)


そうそう
完全フリーの人になって、こちらも2年半経ちました

当時も京都在住は変わらず、
生活の中心は大阪梅田

今も京都在住
生活の拠点は、、、どこだろう?
大阪、神戸、東京といろんなところに行くことが増えましたね

そのなかで
新しい人と新しい場所、
つながりも増えて、現在が形作られている

振り返りには少し早いですが、
今日という日は、ひとつの大切な日


未来が今の連続体の上に成り立つとすれば、
その今を構築するのは過去の経験
だから、
なにがあったかをしっかり残すことが、未来につながる

と思う

そうあれるように、
まずは2018年の残り1ヶ月を、
支えてくれるみんなと一緒に駆け抜ける

また2年半後に笑えてればいいなぁ


という、なんでもない日記

みたいものは


一理あるなと思った話


虚構だと分かって観に来ている

では、なにを観たいのか?

虚構に虚構を重ねたなかにも
ふと
本当なのかもしれないと思う瞬間がある

それを感じたいと思うのが、
芝居を観にくる気持ちなのだそうな

だから、その本当が出てくることを信じて
虚構に虚構を重ねる
完璧なまでの虚構をつくり出す必要がある
それが完璧であるほど、
本物かもと思わせたものの衝撃は大きい

どこまでも

IMG_6348 のコピー
なんとなく写真


演劇をやっていると、
「最終目標はなんなの?」とよく聞かれる。

有名になるとか、
海外ツアーに行きたいとか、
そういうのはとくになく(もちろん出来れば、それもまた幸せなんだけれど)、

演劇をやり続けることが最終目標だと思う。


続けること、これがいちばん難しいから。

続、ひさしぶり雑記

最高とは、
その一瞬だけのものであって、
次の瞬間にはそれは
越えるべき壁として存在している

そして最高は必ず塗り替えられる

だから最高というものは、
あるようで、ない
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ
プロフィール

さとし

Author:さとし
京都の役者、浜崎聡のブログ

【プロフィール】
俳優
アートコミュニケーター

5月8日生まれ
京都在住
夕焼け、紅茶、ラーメン、アナログゲームが好き

演劇を使ったコミュニケーション能力向上ワークショップに従事
教育、学習に関心あり
最近は声の仕事や司会業にも興味あり
フィンランドに行きたいです

▷プロフィール詳細

ご連絡、ご依頼はメールフォームよりどうぞ↓

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
Twitter
FaceBook