FC2ブログ

生きて四半世紀

20200118114313196.jpg
良い空間


昨日は『人狼の詩』最終稽古でした
今年初の小劇場公演はこちらになります

3年も続けているプロジェクト
ここまでくるといろいろなものが熟成してきている気もしますが、
新しいメンバーであったり、
毎回違うお客様であったり、
そんなことで新鮮な気持ちで臨む毎公演です


20200118114309558.jpg
場所が変わります


今回から、人狼HOUSE梅田を飛び出して、
大阪・本町になります、イサオビルの2Fギャラリーにて上演となります

箱空間になるということで、
今回より照明演出も入ります
昨年の劇場版に続き、僕が照明プランを練っておりますので、
そちらも楽しみにしていただければ嬉しい限りです♪


20200118114325391.jpg

20200118114314869.jpg


そんなわけで、
明日1/19(日)14:00と18:00の2ステージ
さらにパワーアップした『人狼の詩』お楽しみに★
劇場でお逢いしましょう!!


20200118114311273.jpg


公演情報はこちら

滲みはじめました

20200115142443519.jpg
顔合わせ!


ぽんこつチョップ『滲む、万華鏡』
ついに稽古がスタートしました!

といっても、まだ昨日が顔合わせ
そしてフライヤー用の写真撮影

それでも賑やか、
そして楽しい

前途洋々な座組です

新しい台本ももらって、公演がすでに楽しみ!


20200115142410324.jpg
久しぶりにお酒のみました


稽古後はうちいり
スタッフチームも交えての楽しい時間です

ここからどんな変化が起こるかなぁ
でも、ぽんチョなんで何の心配もしてないし、
自分のやれることをいつも通り全力で!

みなさまどうぞよろしくお願いいたします!!


そしてチケット予約受付もスタートしております♪
1月限定のチケットもあるので、お早めのご予約がお勧めです

そして、この1月に購入できるチケットに絡めて、
とある年間の企画を進行中!

ぜひぜひぜーひ!
今のうちにご予約くださいませっ


というわけで、こちらにも公演情報をば!


***


ENUy6TBUUAIAsuh.jpeg


ぽんこつチョップ #3
『滲む、万華鏡』


◇日程◇
2020年4月17日(金)〜19日(日)

17日(金) 19:30
18日(土) 13:00/16:30/19:30
19日(日) 14:00/17:30

※上演時間は約90分(休憩なし)を予定しております。
※演出の都合上、開演後の途中入場不可となっております。時間に余裕を持ってお越し下さい。
また、5分前までにお越しいただけない場合、お席の確保をお約束出来なくなることがございます。


◇会場◇
OVAL THEATER & GALLERY(旧ロクソドンタブラック)

〒545-0052
大阪市阿倍野区阿倍野筋2-4-45
アクセスマップ


◇チケット◇

▼▼▼1月のみの早期予約特典チケット▼▼▼
通常チケットとは異なるデザイン!

① 前売チケット:3,200円
・300ぽんドル付き

② 3枚綴りチケット:8,100円
・選択時1枚で3枚分です。
・シェア可能。予約後の日程変更可能。但し満席回は不可。
・非売品オリジナルグッズ付!待て、続報!
※1回目ご来場の日時でご予約していただき、備考欄にその他2枚のご来場予定日時を必ず入力いただきますようお願いします。


※※①と②のお支払い方法※※
指定銀行口座への事前振込のみとなります。予め、ご了承下さい。
事前振込の銀行口座につきましては、購入者様指定のメールアドレスへの返信にてご案内させて頂きます。
ご案内より≪1週間以内≫にお振り込みお願い致します。
入金の確認後、再度メール返信にてご予約完了。チケット送付とさせて頂きます。
住所のご入力を忘れずお願い致します。
(②の非売品オリジナルグッズは当日プレゼント!)

※早期予約特典チケット(振込精算)をキャンセルする場合、下記キャンセル料が発生します。なお返金時は振込手数料を差し引かせていただきますのであらかじめご了承ください。

【〜3/30】キャンセル料なし
【4/1〜ご予約前日まで】チケット代の50%
【ご予約当日】返金不可


▼▼▼通常予約チケット(1月~)▼▼▼

③ 一般前売チケット:3,000円

④ リピートチケット:2,500円
・300ぽんドル付き。
・単体では予約不可。受付で半券の提示が必要

※③と④のお支払い方法は、当日精算となります。


≪ぽんドルとは?≫
物販の代金として!推しキャストへ直接渡せるおひねりとして!ご利用いただける
ぽんこつチョップを120%楽しんで頂く為の[応援通貨]です!
勿論、記念に持って帰ってもOK!

≪ぽんドル入手方法≫
■①の1月中のみ販売“ぽんドル付き前売りチケット”を購入
■④の“リピートチケット”を購入
■公演当日、受付や物販にて購入(デザインが違います)


チケットのご予約はこちら


りんごの香り

20200112124923423.jpg
今年初ツアー


相変わらずの腰痛民ですが、
一昨日昨日と青森でのカンカン塔公演でした

土地が変わっても子どもの反応は素直
人形劇を楽しんでもらえたようでよかったです◎


20200112125150167.jpg
ここは郊外ですが


青森は例年にない雪のなさ
天候にも恵まれていい2日間

だったんですが、
千歳からの帰りの便が来ずあわやもう一泊になるところでした

そして振替輸送で帰阪し、稽古場へ直行


20200112124852508.jpg
大事なシーンに突入


いよいよ物語の佳境です
僕の役にとっても大事なシーン
大切に積み重ねようと思います

というわけで、本日も稽古です!
残席は本当にわずか
座席指定のため、ご予約順に埋まっていってます
公演は約3週間後!
近鉄アート館にて、ご来場おまちしております♪


20200112124844758.jpg
焼肉最高でした★


最新情報はこちら

村人が消えた日

20200109162328705.jpg
犯人はお前だ!的な


はい、昨日は『人狼の詩』稽古でした
いつの間にやら片足どころか腰まで浸かってます
今年も頑張りましょうねぇ


20200109162320948.jpg

稽古初日から全員揃っていい感じです
相変わらず、みんな素敵で楽しいメンバーです


20200109162322991.jpg

僕はといえば、大先輩を前に椅子に座り


20200109162326830.jpg

伸びをする

ふてぶてしい野郎ですね
はい、腰痛の民です
あ、公演までには治るはずなんで、ご心配なく!


20200109162325003.jpg

そんなわけで、今年もフル回転していくんで
「即興演劇×人狼ゲーム」変わらずよろしくお願いいたします

上演は1/19(日)14:00と18:00の2ステージ
今回より会場が変わって、
大阪・本町にありますイサオビルにて上演となります
開始時間も変わってますんでお間違いなきよう!


20200109162341770.jpg


あ、簡易ですが照明も今回よりはいります
よしなに★


最新情報はこちら

自分の真は他者にとっても真なのか

20200104181322524.jpg
元気そうな写真貼ろう


新年早々、ずっと家で作業していたら
腰が爆発しました;

健康とは、、、と、
前回記事で直接書いたわけではないんですが、泣けますねぇ

はやくよくなぁれ!


さて、そんな感じですが、
こちらも新年早々、チケット予約受付がスタートしました!
4月出演の ぽんこつチョップ『滲む、万華鏡』です

1月限定の早期予約もあるので
チェック&ご予約いただければとっても嬉しいです♪

脚本も早速読みましたが、泣いた;;
前作、前々作に出ているので心配してませんでしたが、
今回も良い作品になりそうです!
一緒に物語を楽しんでいただけますように

ぽんこつチョップ『滲む、万華鏡』詳細


さてさて、ここからは、
ちょっと文章作業を家でしているあいだに色々と考えてた、

台本のある芝居と即興芝居のちがいみたいな話

です

いろんな方がいろんなことを言ってますが、
大前提として僕は両方好きです
で、観るのもやるのも好き

そのうえで、ちょっと違う視点の話を書きたいなぁと思ってまして


何かと言うと、肯定感

...意味わかりませんねぇ(笑)


なんぞやってことなんですけど、

例えば、演じる上での肯定感は、
その役がそれその言動をして違和感がないこと
だったりします

役者が演じるわけですから、
どうしたってその人と役との乖離がある
場所も時間も、
なんなら時代や世界もちがう

そんななかで役を生かせるか?
それは相手との掛け合いのなかで違和感がないこと、
がひとつ大きな要素だと思います

故に肯定感


これが台本芝居だと、
稽古を重ねることによって、違和感がないように作りこんでいきます
最初だめでも重ねていき、そうなるようにする
役をつくるというのはそういうことかもしれません

逆に、即興芝居だと、
出てくる言動は、必然、違和感がないものです
だって、その流れを自分(たち)自らつくって出てきたものなので

ということは、台本芝居も即興芝居も
どちらも肯定感が強い、
ということになると思うんですが

いや待て、と

じゃあ、なんでお客さんに好みがあるのか?と気になります


これはお客さんの肯定感が関わってくるのではないか、と思います


は?
お客さんの肯定感?

はい、さっき思いつきました


とくに関西はまだ即興は根付いていないと感じます
なぜか?
お客さんの肯定感とずれているから、かと

物語には流れがあって、
そこに生きているキャラクターに対して、
感情移入したりすることで観る人は没頭します

これは芝居に限らず、
小説やゲームやアニメのシナリオなど、
なんでもそうです

そのために
本なら推敲するし、シナリオも練り直す

そして芝居なら稽古を重ねるわけです
さらには演出家がバランスをとるために駄目だしする

そういったしっかり推敲されたものは、
流れが整頓され感情移入がしやすい

それがお客さんの肯定感が満たされている、という状態だと思います
有り体に言うと、自分で選んだ物語が面白いこと


一方、即興芝居は、
観ている人の感情が追いつかない状態で先に進んだり
という可能性が少なからずあるわけです
つまり肯定感が満たされない可能性がある

そんななかでも、
しっかりお客さんの心情を違和感なくつかみ、
魅せられるプレイヤーがいます

そういった即興はやっぱり面白いし、
また観たいとなりますね!

もちろん逆に、
台本がある芝居でもなんでやねん!ってときはありますが;


でも、
どちらの芝居にせよ、いいプレイヤーが演じていると
楽しめる素敵な物語にはなるわけです


そんなわけで、なにかって言いますと、

僕もそんな自分の肯定感と
お客さんの肯定感を満たせる役者になろう
という話でした


そして、
それを実現できるほど
今年出演する作品のライナップは楽しみなのです

まだ言えない公演も多いですが、
全部が全部、観に来てもらいたいほど本当に楽しみなんです♪

こうやってハードルをあげてもなお、
観に来てほしい!


そのぶん頑張るんですけどね!!


そんなわけで、今年の公演を
まるっと一緒に楽しんでいただける仕掛けを現在つくっています

そちらも合わせてお楽しみに★


2月頭に出演する、
SHASEN×ステージタイガー『華よ咲け』の前に発表できればいいなぁ


最新情報はこちら
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ
プロフィール

さとし

Author:さとし
京都の役者、浜崎聡のブログ

【プロフィール】
俳優
アートコミュニケーター

5月8日生まれ
京都在住
夕焼け、紅茶、ラーメン、アナログゲームが好き

演劇を使ったコミュニケーション能力向上ワークショップに従事
教育、学習に関心あり
最近は声の仕事や司会業にも興味あり
フィンランドに行きたいです

▷プロフィール詳細

ご連絡、ご依頼はメールフォームよりどうぞ↓

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
Twitter
FaceBook