ゲストNo.002

DSCF1442 のコピー
4月19日のラジオの話


この日は『火曜5時ほっとタイム』、2回目のゲスト出演生放送でした!
あ、コーナー名はまだまだ考え中です(笑)
ほっとレターとかどうだろう、と思っていたり

今回のゲストは、重松よしこさん
フリーのデザイナーで役者というふたつの視点からお話していただきました!

さて、内容は追記にありますので、どうぞご覧くださいませ↓

前回から引き続きゲストさんとお話
やっぱり楽しいですね
あんまり楽しい楽しい言っててもいけないのかもですが、
来週の放送はひとりの予定なので、しっかり戻れるかなぁ(笑)

でもでもまた今後もゲストさんを呼んでいきますので、
どうぞお楽しみにっ★

コーナーの趣旨は、
まだ確定しているわけでもないですが

いろいろな方をゲストとしてお呼びし、
ラジオを聴いてくださっているみなさまに、
面白いモノゴトや情報と繋がっていただける
そんなコーナーにしたいと思っています!

ゲストについて気になる方は、TOP記事からご覧くださいませ〜★


2016.4.19.
ゲスト 重松よしこさん:デザイナー・役者

『さそわれ人生』

重松さんは京都でフリーランスとして活動されている。
主な分野は、デザインと俳優
デザインは、チラシやwebサイト、CDジャケット、果ては横断幕まで。
役者としても10年以上活動されている。

一見、つながりのないふたつの職業。
重松さん曰く、たしかにふたつは別物で、
デザインはひとりでのつくるもの、演劇はみんなでつくるもの、だそうだ。

そんな別物のお仕事にたどり着いたルーツは大学時代にある。
大学サークルのひとに誘われ、舞台美術(大道具)を手伝うことになる。
また役者にも誘われて出演となり、そこから舞台の世界にハマる。
その後、しばらく舞台関係を続けた結果、
劇場管理やイベント会社と知り合い、そのまま誘われてデザインの仕事を始めるに至ったとのこと。
見事な誘われっぷり!

そんな重松さんが今も双方を続けているのは、とある共通点があるからだそう。

それは「やりきった感」がないこと。
どちらも、求められているものを理解して、それ以上のものを提供することはもちろんだが、
完成後には、まだ自分はやれたんじゃないかと思う、
それが次への活力・意欲になる。
またこれこそ、この仕事のおもしろいところでもあるそうだ。

そんなひたつの職業のバランスをとりながら、重松よしこさんは活動しているのでした。


重松さんのBlogにラジオの記事を書かれているので、そちらもどうぞ!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ
プロフィール

さとし

Author:さとし
京都の役者、浜崎聡のブログ

【プロフィール】
俳優
ワークショップデザイナー
ラジオパーソナリティ etc
***
5月8日生まれ
京都在住
紅茶、ラーメン、夕焼け好き
***
演劇を使ったコミュニケーション能力向上ワークショップに従事
教育、学習に関心あり
最近は声の仕事や司会業にも興味あり
フィンランドに行きたいです

▷プロフィール詳細

ご連絡、ご依頼はメールフォームよりどうぞ↓

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
Twitter
FaceBook