出した拳を引く

フリーでいろいろやってるわけですが、
活動や仕事をする上でいろいろな方に出会います

ここまでやって来れているのはやっぱり
たくさんの良い出会いがそうさせてくれているんだろうなと思いつつ、
残念な出会いもあったりします

こんなのあるからやらない?
と誘われ、
それがもう期日ギリギリだから早くしてほしい
半ば強引に決まり
今やっていることは変だからこっちだけにしようと誘導され
まぁそれもなくはないとは思いつつも
その事実だけが決まりこちらへの条件が全く提示されない
提示されるころにはもうこちらが断れない様な状況をつくっている

まるで後出しじゃんけんをされている、そんな感じ

しかもタチが悪いのは、
後出しじゃんけんをすることに慣れているらしく、
それが普通で
かつ自分が勝つことが前提になっている

みんなも残業しているからあなたも残るでしょ?みたいな

じゃあみんなが赤信号渡ってたら、車がバンバン走ってても渡るんかい!と

僕が軽視されているといえばそれまでなんだけどね
だからと言って偉くなりたいわけでもないですが

それでもまぁきっとそういうところは、
じゃんけんをしてもらえる人すら周りからいなくなるんだろうな
狭い範囲の「みんな」にもそのうち呆れられるんだろうな、とか

逆にいえば、僕はそんな人にはならんぞと
自戒を込めてそう思うのでした


まぁこちらも出したじゃんけんの手を引くとか、変えるとかもできるけど
それし出したらだれも幸せになれんからねぇ
って
こういう考え方ができているのは良い出会いがあったからこそ

「だれかにされたことを、他の人にすべきではない
それではそいつと一緒になってしまう
だから僕は君との約束は違えない
それが信用
またよろしくね」

とある仕事の時に、あまりにもあまりにもなことがあって
(もちろんこちらが何かしでかしたわけではない)
謝金を断ろうとしたらおっしゃられた言葉
今でもシビれている言葉

そういう人とこれからも関わっていきたいと思う

取捨選択
ありものの選択だけではなく、足りないものをもっと拾うことも必要よね
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ
プロフィール

さとし

Author:さとし
京都の役者、浜崎聡のブログ

【プロフィール】
俳優
ワークショップデザイナー
ラジオパーソナリティ etc
***
5月8日生まれ
京都在住
紅茶、ラーメン、夕焼け好き
***
演劇を使ったコミュニケーション能力向上ワークショップに従事
教育、学習に関心あり
最近は声の仕事や司会業にも興味あり
フィンランドに行きたいです

▷プロフィール詳細

ご連絡、ご依頼はメールフォームよりどうぞ↓

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
Twitter
FaceBook